2009年04月30日

ついに自力でWindowsドメイン設定

余りにも……なネットワーク設定。

今日、ついにブッチン切れました。狂いました。えぇ。

42台環境復元外して、すべてに固定IPを振り直し、ドメインに入れ、いい加減だったブラウザの設定を変更し直しました。はい(一応Windowsドメインの設定は以前にやったことがありました)。


そして学校を出たのが 22:30 となりました。

続きを読む
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | PC室管理

DHCPを再インストールしてみたら……

挙動のおかしいサーバ の DHCP を意を決して再インストールしてみました。やったのは本日1〜2時間目の空き時間です。授業は3〜6時間目が詰まっています。

オプション等をメモしておいて、コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」「Windows コンポーネント云々」のネットワークサービスの中からDHCPを見つけて一旦削除。再びインストール。

元々のオプションと同じものを入れて、スコープを192.168.x.143〜に設定。これは来るべきドメイン環境のため101〜142を空けておこうと思ったからです。全台起動するためには教員機から指示しなければならないので教員機を起動。


……教員機が繋がらない。えー……。


教員機には環境復元が無いので「192.168.x.100」を手動でセット。再起動しました。これはクライアント操作用ソフトが起動してくれなかったためです。

無事起動。サーバにもインターネットにも繋がります。

クライアント操作用ソフト上から生徒機全台起動してみる。


……すべて繋がらない。
勘弁して欲しい。どんなトリッキーな設定になっているんだ。


授業開始まであと1時間。

そういえば、ブロードバンドルータからはアドレスがもらえていた、ということを思い出す。そっちのDHCPを有効にしてみる。telnetでログイン。「enable dhcp」コマンドを打つと、「192.168.x.3〜99」で有効になる。しばらく待っていると、次々に繋がっていく(ウイルスバスターのクライアントが≠みたいな表示から〜みたいな表示に変わるのでわかる)。

生徒機から試しに「\\server\teacher」に繋いでみると無事繋がる。

コマンドプロンプトから「net view」コマンドを打つと、

\\PCTE01
\\PCTE02
\\PCTE03
……

とずらずらと並ぶ。

1,2,3,……と数えていくとなぜか「33」だけ無い。33番機に言ってみると接続が切れている。タイミングでIPアドレスがもらえなかったのかな?と思い「ipconfig /renew」と打ってみても、DHCPサーバが見つからんというメッセージ。なぜこのマシンだけ?

このマシンだけIPアドレスを手動で設定。取りあえず繋がるようになる。

うーん、どうも MACアドレスレベルでいろいろと問題ありそうです。途中に何か挟まっているのでしょうか。ハードウェア画像転送装置でもLANコネクタには繋がっていないらしいのですけど。

謎がまた深まりました。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | PC室管理

2009年04月25日

DHCPとICT機器の件

先日の件、ブロードバンドルーターのDHCPは止めました。次回、来週月曜日は基本的に普通教室なので、この影響で何か起きるとすれば火曜日。どうなることやら。

今朝も 東京都のICTカートと始まりました。4F へと昇り、無線LANの通る場所で起動。インターネットからファイルをダウンロードしようと思いました。

かなり待たされ、なかなかログイン画面が出ないなぁと思っていたら、どうも繋いだままのプロジェクタ・ディスプレイケーブル側がマスターと認識されてしまっているらしい。ちゃんと起動しているのにタブレットPCの画面が真っ暗。でもプロジェクタはまだ点いていない。

Fn + F5とか で切り替えられるだろうと思ったらそれと思しきキーは見当たらない。

やみくもにファンクションキーを押してサスペンドキーの地雷を踏んでしまったら元も子も無いので、コンセントが届く位置までカートをガラガラと移動。プロジェクタの電源を入れて待つこと1分。小さく壁に表示されてようやくログイン画面にお目にかかれる。

ログイン、アクセス、ダウンロードしていたら授業開始のチャイムが鳴っていました。
posted by n_shimizu at 23:59 | TrackBack(2) | PC室管理

2009年04月23日

DHCPが……

よくよく調べてみると、パソコン室のクライアントはDHCPで振られていました。

そしてクライアントで振られているアドレスが、調べているサーバのスコープとは違うものがちらほら。あれれ??と思って調べたら……。

DHCPサーバが同じネットワークアドレスに二つ動いていました……。

一応アドレスの範囲は重なってない。一応DNSを見る先は共に共通。

よく平気で動いていたなぁと。つまり、片方がバックアップということでしょうか?

どうりで40台起動させてもサーバのリースアドレスが20個ぐらいという不思議な現象がおきるわけです。どっちのDHCPサーバに掴まるかは「運」だったのですね。

謎が多いです。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | PC室管理

2009年04月06日

やはりワークグループでした……

サーバはドメインコントローラーになっているにも関わらず何も仕事をしていない状態でした。ネットワーク全体としては、単なるワークグループであり、サーバはワークグループのファイルサーバ&プリントサーバでした。

今日メンテナンスが入った業者に聞いてわかりました。メンテナンスですから何もしてもらわずに機器がちゃんと動いているかを調べていただいて終了。

明日以降、自分でドメイン組むか、そのままワークグループでいくか決断しないといけませんね。

授業の回し方(講師と自分、PC室と普通教室、1年と3年)も整理しないといけないし。考えることがたくさんありますね。
posted by n_shimizu at 23:57 | TrackBack(1) | PC室管理

ネットワークの疑問……

パソコン室の生徒機から、

nslookup www.pcroom.local

とすると

サーバー: server.pcroom.local
Address: 192.xxx.xxx.xxx

名前: ubuntu.pcroom.local
Address: 192.xxx.xxx.xxx
Aliases: www.pcroom.local


と応えてくれるのに、ブラウザで「http://www.pcroom.local/」と打つと、

「www.pcroom.local という名前のサーバが見つかりませんでした。」


と言われてしまうのはどこが問題なんでしょう。

上記は、ubuntu.pcroom.local のマシン上でやってもそうなりますし、他のクライアントPCでやってもそうなります。

あ、ちなみにnslookupの答えが返ってくる同じプロンプトでpingを打っても、

ping www.pcroom.local


ping 要求ではホスト www.pcroom.local が見つかりませんでした。ホスト名を確認して
もう一度実行してください。


となります。直接の名前解決だけはうまく行くのにアプリケーションからは解決できない?リゾルバがおかしいということでしょうか?

とかなんとかやっていたら、何かうまく行きました。といっても実はなーんにもしていません。しいていえば(時間を待った)だけ。それが良かったのでしょうか?

TTLが長かったので反映するまで時間がかかったっのでしょうか?それとも arp table の問題でしょうか。

あ、もしかして、Apache の httpd.conf の中で ServerName を指定していないっぽいというのが関係あるでしょうか?でも ping とは関係ないし。

ちょっと原因不明です。
posted by n_shimizu at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | PC室管理