2011年04月27日

ドリトルその4

前回、課題1)で終わってしまったので続きをさせました。前回書き忘れましたが、これらの課題は以前ブログに書いたものを使っています。

ちなみに解答例は次のような形ですが、特に示しません。課題2)の簡略した形のみ見せました。

解答例−課題1)
かめた=タートル!作る。
かめた!100 歩く。
かめた!90 右回り。
かめた!100 歩く。
かめた!90 右回り。
かめた!100 歩く。
かめた!90 右回り。
かめた!100 歩く。
かめた!90 右回り。


解答例−課題2)
かめた=タートル!作る。
かめた!100 歩く 90 右回り。
かめた!100 歩く 90 右回り。
かめた!100 歩く 90 右回り。
かめた!100 歩く 90 右回り。

または、
かめた=タートル!作る。
かめた!100 歩く 90 右回り 100 歩く 90 右回り 100 歩く 90 右回り 100 歩く 90 右回り。


そして、「 」による繰り返しを用いて、
かめた=タートル!作る。
「かめた!100 歩く 90 右回り。」!4 繰り返す。


ここまで分かれば、3〜6は楽しんでできます。

解答例−課題3)
かめた=タートル!作る。
「かめた!100 歩く 120 右回り。」!3 繰り返す。


※外角なので三角形は120度回らなければいけませんね。

解答例−課題4)
かめた=タートル!作る。
「かめた!100 歩く 60 右回り。」!6 繰り返す。


解答例−課題5)
かめた=タートル!作る。
「かめた!100 歩く 72 右回り。」!5 繰り返す。


解答例−課題6)
かめた=タートル!作る。
「かめた!100 歩く 144 右回り。」!5 繰り返す。


※☆マークの真ん中が五角形しているところから角度を割り出します。

さて、課題7以降のための「命令一覧プリント・その2」を配りました。

図形オブジェクトの命令(一部)
「図形を作る」で作られた独立したオブジェクト。タートルオブジェクト同様、他の図形と一部が重なるというイベントが発生すると、「衝突」で定義したメソッドを実行する。また「動作」というメソッドを定義しておくと、ボタンのようにマウスで図形をクリックしたときに実行する。










命令用途使用例
図形を作る今まで描いていたものを独立させる図形1=かめた!図形を作る。
作る自分を複製して新しい図形を作る星2=星1!作る。
右回り右に回る星1!90 右回り。
左回り左に回る星1!90 左回り。
位置原点からの位置を指定して移動星1!100 100 位置。
塗る( )で括られた色に自分を塗る星1!(黄) 塗る。
拡大する自分をn倍する。または縦横にx倍y倍する星1!2 拡大する。
星1!2 3 拡大する。
消える画面から見えなくなる。星1!消える。
現れる消えていた姿を戻す。星1!現れる。
向き?現在の角度を右から右回りで調べるラベル!(星1!向き?) 作る。


色オブジェクトの命令(一部)
色を表すオブジェクト。よく使う8色として「黒、赤、緑、青、黄、紫、水色、白」が用意されている。それ以外はRGBを指定して「作る」で作る。

命令用途使用例
作るRGBの順に0〜255までを指定して色を作るピンク=色!255 136 255 作る。
星1!(ピンク) 塗る。
暗くする色を暗くする濃い緑=緑!暗くする。
明るくする色を明るくする。暗くした色を再び明るくする明るい緑=緑!明るくする。
半透明にする裏側が透けて見える色を作る透ける青=青!半透明にする。



課題7)は課題8)以降の序章。課題8−1)から課題8−9)まででペイントが完成する。ペアプログラミングの形を取り、二人ずつ、あーでもないこーでもないと悩みながら進めていく。グループによってはかなり苦労していましたが、一番進んだグループは課題の指示にない「☆を作るボタン」を作成していました。まさにサンプル通りです。もちろん、サンプルプログラムは見せていません。

ボタンの位置は各班バラバラですが、それでまったく構わないと思います。「使いやすいアプリケーションである」と思えるものであればいいのですから。

なぜそうしたのか、どのような苦労があったのか、それが明かであれば、次に繋がると思います。

第2版が出ましたね。


posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業2011
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44647822

この記事へのトラックバック