2009年04月24日

5回目の授業で悩む

4回目、ディジタルとアナログは概略といいつつほとんどしゃべってしまいましたから、もう講義としては余り言うことはないことに気がつきました。

そして本校の時間割の事情により5回目は普通教室。内容的には2進数に突入しなければならない。

明日の授業なんですが(笑)。

「アンプラグド」にあったもので行こうと思っています。
http://www.satsukiseika.com/japan/unplugged/1.html

1,2,4,8の「・」が描かれた紙を代表4人の生徒に前で持ってもらい、こちらから、「12!」、「3!」、「7!」というお題に対して、足してその数になるように札を上げたり下げたりしてもらう。

最初はもたつくけど、だんだん馴れれば早くなる(かも?)

しばらくして、お題に出した数字と札の組み合わせは1対1の対応関係にあるか、机上で考えてもらう。
→ 0〜15までがすべて表せ、かつそれは一組しかない

自分で、0〜15までの表を、札を上げたら「1」、上げなかったら「0」の対応表を作る。

規則性を見出す。2のべき乗との関係(高1は0乗って習ってないんでしたっけ?)

十進法と二進法の変換へ

という流れです。

どうでしょうか。それ以前にワークシート(紙)や札を朝のうちに用意できるのだろうか。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 授業2009
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34385154

この記事へのトラックバック

05回目ディジタル情報の表現・アンプラグド二進法
Excerpt: 前日の日記で内容はあらかた書きました。結論から言って、あまり受けず。盛り上げ方の失敗のようです。 写真はかなり手作り感のある二進法巨大カード(昨日の夜中に作ったもの)です。 前に立たされる生徒達、..
Weblog: 情報科雑感2
Tracked: 2009-12-25 23:01