2009年04月23日

DHCPが……

よくよく調べてみると、パソコン室のクライアントはDHCPで振られていました。

そしてクライアントで振られているアドレスが、調べているサーバのスコープとは違うものがちらほら。あれれ??と思って調べたら……。

DHCPサーバが同じネットワークアドレスに二つ動いていました……。

一応アドレスの範囲は重なってない。一応DNSを見る先は共に共通。

よく平気で動いていたなぁと。つまり、片方がバックアップということでしょうか?

どうりで40台起動させてもサーバのリースアドレスが20個ぐらいという不思議な現象がおきるわけです。どっちのDHCPサーバに掴まるかは「運」だったのですね。

謎が多いです。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | PC室管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34381252

この記事へのトラックバック

DHCPとICT機器の件
Excerpt: 先日の件、ブロードバンドルーターのDHCPは止めました。次回、来週月曜日は基本的に普通教室なので、この影響で何か起きるとすれば火曜日。どうなることやら。 今朝も 東京都のICTカートと始まりました。..
Weblog: 情報科雑感2
Tracked: 2009-12-26 13:14