2009年04月21日

16000Hzが聞こえない

前の日記に書いたものですが、

〇純音を聞いてみよう
・・http://www.kawaijibika.jp/puretone1.shtml
〇「モスキート音」
・・http://gamenetall.web.fc2.com/fc2moskito.html

実際に生徒に聞かせてみました。太陽光の連続スペクトルといい、元物理っぽい(笑)。

4000Hz辺りから徐々に上げていくと「うわ〜気持ち悪い」「うるさーい」など「耳障り」な反応。

16000Hz のときに「みんな聞こえる?」と聞くと当然という感じで頷きますが、「僕は聞こえないんだよねぇ」というと一様に驚いていました。

20代後半から高音域がだんだん聞こえなくなること等を言うと、へぇ、という顔をしています。僕にはもう聞こえない。少し淋しいですね(笑)。

ちなみに 20000Hz になると聞こえる生徒が稀でした。でもある生徒には確かに聞こえていました。23000Hz は当然誰も聞こえず。これが聞こえたら「犬」並だよというと受けてました。

CD は実用上問題無い20000Hz ちょいまで記録できるように設計されているんだね、と。

概念的にですが、ディジタル化するときには「それ以上」をバッサリ切り捨てる(実用上は問題無い)ということを感じさせることで、連続量→離散量を理解させる趣旨です。

ちなみにモスキートの方はみんな判らないと言ってました。音声ファイルが悪いのか、再生装置が悪いのか。自分では聞こえないので全く解りません(笑)。

また、ついでに人間の声は数千Hzぐらいまでなので、電話はそこまでしか通すように設計されてない。だからCDラジカセのスピーカーにケータイを近づけて音楽を相手に流すと変に聞こえるのは、高音域がバッサリ切れているから。また圧縮かけているのもあるけどね。

なんて話もちょっとしました。
posted by n_shimizu at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業2009
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33322199

この記事へのトラックバック