2010年07月20日

表現の自由について

日本のメディアは表現の自由守れるか(1/3):オピニオン:青山学院スタイル2010 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/adv/agu2010/opinion/vol1/


この方の主張を自分勝手に解釈すると、

メディアの表現の自由には、成熟した「個」としての民衆が必要である
表現の自由は脆(もろ)いものである

ということでしょうか。


我々教員は、日々クリエイティブなことに挑戦していると自負しています。新しい学説やネタを常に仕入れて、それを生徒に還元しよう、新たなメソッドを追求していこうという姿勢が欠かせません。これは公立であれば教員は公務員な訳ですが、通常の公務員の世界から見ると異質でしょう。

ブログという表現はこのクリエイティブな側面を世に問うことでみずからを磨いていくことだと思っています。単なる自己満足ではないのです。一人一人が新たな「道」を開拓し、それを参考にして他の方が続くための、現代らしい手段と言えます。特に「情報科」という教科の性格上、情報機器やインターネットと親和性が高く、また学説やメソッドが確立した教科とは言えない中でのパイオニアとしての性質が、意識のあるメンバーにとってはまたとない発表の機会であると言えます。

しかし、一方で公立学校に所属するからには、所属する組織、都道府県や市区町村を背負っている立場であることも事実です。

とある、かなり活発に情報発信をしていた情報科の方が、最近ひっそりとブログを閉じました。それはかなり的外れな苦情、というか「いちゃもん」を親組織に投げ続けられた結果です。クレーマーと言っても良いでしょう。

残念ながら、そこの組織は、彼を守る方向には行きませんでした。事勿れの官僚的な対応により、閉じることになりました。もちろんクレーマーによる彼の精神的打撃も無視できない影響がありましたが。

「間違いがあってはいけない」という無謬主義がはびこると、個人の活動を極端に制限する方向に進みます。しかし、まったく間違えを起こす可能性のないクリエイティブな活動などあり得ません。もちろん気をつけなければいけませんが、クレームを付けたがる人というのは世の中に一定数いるわけで、それは毅然として「間違っていません」と言えばいい話です。それを言われるのが嫌だからという理由で表現を制限する、それは憲法に保障された基本的人権を制限していることになぜ気がつかないのでしょうか。

表現の自由は、信教の自由と並んで、ともすれば簡単に侵されてしまう心の自由です。だから「憲法」に書いているのです。それを可能な限り保障するのが「大人の社会」と言えるのではないでしょうか。そこに「もしかしたら危ないから」という予防で制限を掛けるのは、幼稚園児に「そっちへ行ったら危ないよ」と言って縄を張るのに等しいと言えます。

そして、憲法で保障された自由よりも組織を守ることを優先させるとすれば、それは江戸時代の徳川幕府の「農民は生かさぬよう殺さぬよう」「知らしむべからず依らしむべし」等と同様の守りの姿勢であると言えましょう。

私もかなり気をつけて記事を書いています。特に生徒の個人情報に関わるような事の無いように(この「個人情報」についてもかなり拡大解釈されていますね)。

しかしクレームを付ける人はどんなものにも付けるものです。その時、組織は守りに入るのか、正すべき事は正して闘うのか。それがその組織の正当性を公に問いながら発展していくための鍵と言えるでしょう。
posted by n_shimizu at 02:29 | TrackBack(0) | 日記