2009年10月05日

31回目インターネットのしくみ(紙パケット)

さんざん悩んできた紙パケットの授業が終わりました。
情報科雑感2: 紙パケットやりたいなぁ
情報科雑感2: 紙パケットshimizu案

授業の流れと、やってみての反省などを。

授業展開は次のような感じです。

※授業開始前にICTカートを教室に持ち込み、アドレス決定用トランプ(赤)、パケット用トランプ(青)の2種類を教卓の上でマーク別に分けて置いておく(各マークのトランプは数字の順番にソートされている)。

1.チャイムで開始
2.出席
3.ワークシート配布。ここにはルーティング実習のルールとアンケートが書いてある。
「ルーティング」ワークシート画像版.png
4.読ませている間に、トランプの数字と出席している生徒の数字を合わせる。
5.ICTカートセット
6.教室を4つのグループに分け、それぞれ「チーム・スペード」「チーム・ハート」などと名前を付ける。中央の4人はルータ役。
チーム分け(ネットワーク分け).png

7.机を移動して4つのグループが内側を向くように。ルータ役は次のルータに渡しやすい向きになる。
座席の隊形.png

写真にするとこんな感じ。
座席の隊形(写真).jpg

8.まず始めに裏が赤いトランプで一人一人のアドレスを決定します。それぞれのマークのルータ役の生徒に枚数を合わせたトランプを渡し、よく切ってもらい一枚ずつ取ります。各マーク内でランダムな数字になります。このマーク+数字が各人のアドレスになります。

・マーク=ネットワークアドレス
・数字 =ホストアドレス

になります。

アドレス決定(赤トランプ).png


続いて今度は完全によく切ってランダムになった裏が青いパケットトランプを枚数分だけルータ役に渡して、一枚ずつ配布します。この「マーク+数字」のアドレスは宛先です。
パケットトランプ配布(青トランプ).png

6.上記「紙パケットshimizu案」に従って、実習(2回ほどやってみる)。基本的に、自分のアドレス宛で無かったら右に廻すだけ。ルータ役は自ネットワーク宛かそうでないかを判断して、自ネットワークだったら左、そうでなければ前のルータ役に渡す。
廻す向き.png

せーのドン!で始めて1〜2分で、全員に届く。あっけないほどに。始まる前に「ちゃんと届いたらみんなで拍手ね」と言っておき、トランプの巡回が止まったときに、「止まった?届いてない人いる?全員届いた?」。シーン。「拍手〜!」というと、どっと拍手が湧いたりする。


2回目は廻し始めた瞬間にハート10などの「存在しないアドレス」のトランプを、こっそり混ぜてみる。すると、当然無限ループになってしまう。インターネットのTTLの説明と結びつけて説明する
7.トランプを集める(ルータ役に色別に)
8.座席を元に戻す
ここまでで、早いと十数分。もたついても30分ほど。
9.ワークシートのアンケート記入。その間にトランプを次のクラス用にソートしておく
10.もう一度、ルーティングとはなどをスライドを使って説明。
11.ワークシートを回収して授業終了

そんな授業の流れです。

さて、全部終わってみて。
続きを読む
posted by n_shimizu at 23:55| Comment(3) | TrackBack(1) | 授業2009