2009年09月29日

紙パケットshimizu案

前の日記「情報科雑感2: 紙パケットやりたいなぁ」からさらにいろいろ考えました。

そして、さまざまな先人達の実践を学ぶ中でトランプによるスタティックルーティングにしました。

【目的】
・単純なプロトコルを守ることでバラバラなパケットが正しく届くことを実感する
・全員が参加者として達成感を味わう

といったところ。

【用意】
・トランプ二種類(赤・青)百均にて購入
トランプ赤・青.jpg
・・赤:アドレス決定用
・・青:パケット用

・宛名シールのシート
タックシール.jpg

・ワークシート

宛名シールに一枚ずつ異なるメッセージを印刷、パケットである青トランプの裏に張っておく。
トランプは、マーク・数字でソートしておく。
メッセージ.jpgメッセージ一枚.jpgメッセージ貼り付け作業中.jpg

※このメッセージはmachida-oharaさんよりそっくりいただいた物です。ありがとうございます。

【アドレス】
・ハート8 ・スペード3……等。
マークがネットワークアドレス、数字がホストアドレスに相当。

【流れ】
1.教室を縦横に切り、4つのグループに分割
2.それぞれ、スペード、ハート、クローバー、ダイヤ、というネットワークと名付ける。
3.教室中央の4つのグループ交点の4人を「ルータ役」とする。
4.班毎に人数が異なるのであらかじめ用意した赤・青それぞれのトランプ大きい方から抜いて人数に合わせる
4.4つのグループが内側に輪になるよう机移動。
5.赤のアドレス決定用トランプをマーク毎に切ってランダムにし、各グループに渡す。一枚ずつ取る。これが本人のアドレスになる。ワークシートに自分のアドレス記入。
6.青のパケット用トランプを全部まとめて切る。人数分に分けて各グループに裏で渡す。
7.説明。
・ルーター以外は左からパケットトランプを受け取り右に渡す。自分のだったら貰う
・ルーターは上記同様のことを行い(逆向きなので右後ろから受け取り左に渡す)かつ次の二つを行う
・・パケットが自分のネットワークマークと異なれば左のルーター役に渡す
・・パケットが自分のネットワークマークと同じなら左の人に渡す

つまりルーターは何も考えずデフォルトゲートウェイである隣にすべてぶん投げるだけ。

これでうまく行く、はず!



【追記】
書き忘れてました。ルータ役だけは逆向き、つまりルータ同士が向かい合う向きに座ります。うーん、文章では伝えにくい……。
posted by n_shimizu at 23:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記