2009年04月03日

今日の Ubuntu Server いぢり

朝に30分、5時ごろから2〜3時間、Ubuntu Server をいぢりました。

昨日「tasksel」コマンド

$ sudo tasksel


で「mail server」と「Ubuntu-Desktop」にチェックを入れて帰りました。やはり色々とインターネットの情報を使いながらセッティングするには、GUIが必要かと……。

今朝見てみるとダウンロードは終了しているみたいですが「Postfix Configuration」画面で止まっていました。でもメッセージが化けていて読めません。

基本的に Debian を元にしている Ubuntu は、インストール時に「日本語」を選ぶとメッセージを日本語で表示しようとするのですけどうまく対応できないんですよね。

先生機からインターネットにアクセスし、「Postfix Configuration Ubuntu」で検索かけると、メッセージのハードコピーを載せているサイトがみつかりました。
http://wikiwiki.jp/swisspc/?postfix

「◆◆◆◆◆」となっている部分の文字数からメッセージを読み解いていきます。

どうやら最初が用途で、「インターネット」が選ばれているらしい。イントラで使うのでそのままでいいだろうと、Tabで一番下の「◆◆(たぶん「了解」)」に移動して Enter を押す。

次はどうやら「@」以下のホスト名をどうするか聞いているみたいなので「pcroom.local」を指定します(構築されていないかも知れないのですが、Windows 2000 server にはドメインコントローラになっており、「pcroom.local」ドメインになっていることに合わせました)。

そしたら実は Desktop 環境のダウンロードが終わっていなく、「再開」。まもなく終了。

シェルに戻ると早速システムからメールが来ています。メールサーバが動いているようです。

続いて「startx」を実行するとガリガリと動き出します。無事に X の画面が表示されました。

ubuntuサーバでX起動.png
続きを読む
posted by n_shimizu at 23:59| Ubuntu校内サーバ

なんだか忙しい

朝サーバいぢり(この辺は後で)
9:00もう一人の情報の方と打ち合わせ(〜11:15)
11:15校長・副校長とUSBメモリの取り扱いについてと周年行事の講演会について
12:15昼ご飯
13:00総務部会を1時間半。
14:40校内の視聴覚機器をざっと見渡す。
15:15校門脇の掲示板に張り出す「入学おめでとう」横断幕にチャレンジするもうまくいかず。月曜に持ち越し。

むー。なかなか授業準備する時間が取れませんねぇ。

いろいろ会議続きで自分の机に戻ってこれたのが16:30ぐらいでした。

そのあとに朝に続いてサーバをいじったり生徒機をいじったりしていたら3時間ぐらいあっという間に過ぎました。

しかし、サーバ上の「ActiveDirectoryユーザーとコンピュータ」にコンピュータが一台も無いってどういうことでしょう?DNSサーバにもクライアントパソコンがひとつもないし。もしかして、もしかして、ドメインですら無いのでしょうか?

6日に業者に何でも言ってくださいと前任者から引き継ぎましたけど、無理じゃないでしょうか?技術的にも時間的にも。

方針を変えて、自分でドメイン設定のほうが早いかも。でもとても大変なことは想像つきます。

なんだかんだで20:00に学校出まして。事務室の方が残ってなかったら最終退勤者になるところでした。

ふぅ。
posted by n_shimizu at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記